ストーンマートみらい西日本最大規模の展示場
トップ
お墓のご案内
お墓ができるまで
墓石加工の流れ
現地施工の流れ
お墓のリフォーム
総合石材
資料請求
会社概要
お問合せ
サイトマップ
総合石材には・・・
総合石材には、どのようなものがあるのでしょう。
・門柱・門塀
・塀石・灯籠
・鳥居・石だたみ
・デザインモニュメント
・庭園用品
・テーブル・いす
・井筒・布袋様
・たぬき

総合石材へ
施工実績へ
リフォーム実績へ
総合石材紹介へ
お問合せ先
(有)前田石材・本社
〒682-0023
鳥取県倉吉市
    山根683-2
tel0858-26-0507
fax0858-26-5443
E-mail

トップ>お墓のご案内>お墓の種類と様式
お墓の種類と様式お墓のつくり墓石のご紹介付属商品・小物類のご紹介
お墓ができるまで墓石加工の流れ現地(墓地)施工の流れ
お墓の種類と様式

和型墓石【位牌墓・角石塔型】(わがたぼせき)
現在、日本で一番多く見られるお墓の型です。
江戸時代以降、墓標そのものが墓石となってお墓が建てられるようになりました。地方によって高さや巾など多少の比率の違いが見られることと、細部のデザインについては多様ですが、北海道から九州に至まで基本的なお墓の型として親しまれています。
和型墓石【位牌墓・角石塔型】(わがたぼせき)
洋型墓石(ようがたぼせき)
西洋の墓石の型を似せて考案された墓石の型です。
新しい墓石の型で、戦後都営霊園塔の大型霊園で指定され普及しました。外柵のない芝墓地に設置されていることが多く、墓地の有効利用には、効果的とされています。
洋型墓石(ようがたぼせき)
五輪塔(ごりんとう)
五輪塔は、昔から報恩供養を願って建立されてきた供養塔の代表的な石塔です。
地、水、火、風、空の五大からなりたっていて、この五大が宇宙にある一切の物質を構成するものとなっているという密教の五大思想に基づいてつくられています。
仏の姿を表し、森羅万象を象った供養塔として現在も数多く建てられています。
五輪塔(ごりんとう)
宝篋印塔(ほうきょういんとう)
五輪塔とともに日本古来の仏教として広く造られてきた塔型ですが、図のように基壇の上に台座があり、その上に四隅に隅飾突起がある五重の段のある屋蓋をあげた方形の塔身をのせて作られるのが特徴です。
宝篋印塔(ほうきょういんとう)
宝塔・多宝塔(ほうとう・たほうとう)
宝塔は、一説に僧空海が将来したと伝えられます。
多宝塔は、宝塔の円形軸部の代わりに方形裳階をつけた形式のもので宝塔と同じ形式、内容に属する供養塔です。
宝塔・多宝塔(ほうとう・たほうとう)
無縫塔(むほうとう)
無縫塔は、最初、禅宗によって創り出されたと伝えられています。
僧侶の墓塔形式として他の仏塔よりもすぐれたものと考えられ、だんだんと各宗の僧侶の墓塔として広まっていきました。
無縫塔(むほうとう)
(c) 2005 maeta-sekizai all rights reserved.